So-net無料ブログ作成
検索選択

HFR3D(ハイ・フレーム・レート3D)って何? [映画]

HFR3D_01.jpg
今までの映画は1920年代から毎秒24フレームと決まっていました。
35mmフィルムでも、デジタルシネマであっても同じでした。
撮影する側が秒間24フレームで撮影を行っていたためです。
そのため、上映の際も24フレームが映画の常識となっていました。

まず、秒間24フレームとは?
1フレームは静止画で、静止画(1コマ)が次々と表示される事で動画となります。
パラパラ漫画を思い浮かべて頂ければわかりやすと思います。
1秒間に24コマが表示され、動画として認識できるわけです。
つまり、秒間48フレームなら、1秒間に48コマが表示され、
秒間60フレームならば、1秒間に60コマが表示される事になります。
一般的に、1秒間のコマ数が増えれば動きが滑らかに見えるほかに
3D上映は特有のチラツキの軽減になるといわれています。

「ホビット 思いがけない冒険」のピーター・ジャクソン監督が、
撮影からHFR3D(ハイ・フレーム・レート3D)で行いました。
HFR3Dは従来の秒間24フレームの倍になる秒間48フレームで撮影が行われ、
より滑らかに、かつ3D上映のチラツキが軽減する事になります。
3D映画の普及に大きな貢献をしたジェームズ・キャメロン監督も
アバター2」「~3」でHFR3Dでの撮影を明言しており、
秒間60フレームを望むが秒間48フレームになる事もあると話しています。
ピーター・ジャクソンとジェームズ・キャメロンの両氏はHFR3Dの普及を唱えており、
「ホビット」と「アバター」の人気シリーズで普及が広まると考えられます。

このたび、デジタル上映用で映画館用のDLPプロジェクター
(主流メーカーであるChristieとNEC)のソフトウェアをバージョンアップする事で、
劇場でのHFR3Dへの対応を可能としています。
現在、対応している劇場でのみHFR3Dの上映になりますので、
全ての3D上映劇場でHFR3Dの「ホビット~」が観れるわけではありません。
ホビット 思いがけない冒険」の公式サイトでHFR3D対応の劇場記載されていますし、
最寄の劇場に問い合わせて確認する事で調べる必要があります。

HFR3Dで、より滑らかかで迫力のある映像が観れるようになり、
3Dのチラツキも軽減し、作品の臨場感がある鑑賞が可能となります。
より、作品に没頭できるようになるのではないでしょうか?

「ホビット 思いがけない冒険」は解像度の高いIMAXでも上映がされますが、
IMAXもHFR3Dに対応してるIMAX劇場、HFR3Dに対応してないIMAX劇場があります。
IMAXに関してもHFR3Dは事前に調べておく必要があります。
公式サイトでIMAX+HFR3D対応してる(12月13日現在)劇場はこちらです。

「ホビット 思いがけない冒険」のIMAX+HFR3D上映劇場(公式サイトより)
ユナイテッド・シネマ札幌 (IMAX HFR3D字幕版、IMAX HFR3D吹替版)
ユナイテッド・シネマとしまえん (IMAX HFR3D字幕版、IMAX HFR3D吹替版)
109シネマズ川崎 (IMAX HFR3D字幕版、IMAX HFR3D吹替版)
109シネマズ湘南 (IMAX HFR3D字幕版、IMAX HFR3D吹替版)
109シネマズ名古屋 (IMAX HFR3D字幕版、IMAX HFR3D吹替版)
ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
 (IMAX HFR3D字幕版、IMAX HFR3D吹替版)

公式サイト「ホビット 思いがけない冒険
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。